コワい肥満を解消して健康になるサイト

~肥満度チェックから肥満の原因別ダイエット法まで~

  • 痩せる方法? 痩せ体型を維持する方法? ~ダイエット法を肥満解消効果とリスクで比較~
  • 本当に肥満を 解消できるのは? 肥満外来 vs.美容外科 vs. エステサロン
サイトマップ

肥満度チェック

今のあなたは、肥満の状態なのでしょうか?

見た目の問題はともかくとして、客観的に肥満かどうかを判断するのに用いられるのが、BMIと呼ばれる数値です。まず、あなたが本当に肥満なのか、どの程度の肥満なのかをチェックするために、BMIについて解説します。また、メタボ診断の基準である腹囲の測定数値についても解説します。

健康診断で算出するBMI値ってなに?

最近の健康診断で最もよく用いられている肥満度の指数は、BMIという値。Body Mass Indexの略で、身長と体重から算出される世界共通の指数です。

BMI=体重kg÷(身長m×身長m)

さっそく、あなたの体重や身長を入力して、BMI値を算出してみましょう。

身長 [cm] 体重 [kg]    BMI

BMIの数値で見る肥満度

世間一般に、BMIの数値によって肥満であるかどうかを判断する方法が広まっています。以下の数値を参考にしてください。

  • BMI値18.5未満 … 痩せ体型
  • BMI値18.5~25未満 … 標準体型
  • BMI値25~30未満 … 肥満体型
  • BMI値30以上 … 高度肥満体型

BMIの標準値は22とされ、あらゆる病気にかかるリスクが最も少ない数値とされています。つまり、BMIが22になるように体重をコントロールすれば、生活習慣病などへの罹患リスクを下げることができるわけです。

BMI値が25を超える肥満の方は、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病にかかりやすく、危険な状況だとされています。

メタボ検診でチェックされるのは腹囲のサイズ

メタボ検診のイメージイラスト

肥満の中でも特に危険なのが、内臓脂肪型肥満。この内臓脂肪型肥満に高血糖や高血圧などを併発している状態を、生活習慣病の予備軍である『メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)』と呼んで注意が促されています。

厚生労働省の基準に沿った健康診断では、メタボリックシンドロームであるかどうかの判定に、腹囲測定が用いられます。

腹囲とは、お腹周りのサイズを、おへその高さで測ったもので、男性であれば85㎝以上、女性の場合は90㎝以上の場合に、メタボリックシンドロームと判定されます。ウエストサイズではないことに注意が必要です。

BMI値と腹囲の2つでメタボをチェック!

BMI値で肥満と診断されても、腹囲測定では肥満と判定されない場合もあります。さらに逆の場合も考えられ、2つの判定が一致しないことも多いようです。

しかし、どちらかが肥満に該当しないからといって、安心はできません。どちらか一方でも肥満の基準値を超えた場合は、太り気味であることをしっかり自覚して、食事や生活の改善を行うべきです。また、何らかの生活習慣病も疑ってみる必要があります。

皮下脂肪や内臓脂肪を減らし、健康で明るい生活を送るための方法として、自分に合ったダイエット法の検討をはじめましょう。

関連記事

 
 
 
コワい肥満を解消して健康になるサイト